Design & Imagine Inc.  #202 Unite+E 1-24-3 Ebisu Shibuya-ku, Tokyo 150-0013 Japan / T 03 5791 2471 F 03 5791 2472 / © 2017 by Design&Imagine

「どんなデザインにするか」ではなく
「どう考えてデザインするか」

たとえば、あるパンフレットをデザインするとき。
「黒をベースにした、高級感のあるデザインにしよう」

 

これは「どんなデザインにするか」。

「興味のない人にも読んでもらえるよう、

ストーリー性のある外国の絵本みたいにしよう」
 

これが「どう考えてデザインするか」。

D&Iは、この「どう考えてデザインするか」を大切にしています。

デザインの根幹となる考え方(コンセプト)が決まれば、

その枝葉である色や形も自ずと決まっていき、

最終的な仕上がりは無理なく自然でありながら、強い説得力を併せ持ちます。

そして、そういったデザインは、より人々の心に届きます。

お客様からのオリエンテーションを「課題」と捉えて、

それに対してどう解決するのが良いかを考え、

最終的なターゲットはもちろん、

制作側もワクワク出来るようなデザインを提案していきたいと考えています。



一方で…


私がこの仕事に就いて20年以上。

正直言って、いまだに「デザイン」とは何か、

分からない部分もあります。

“問題の本質を捉え、

それをビジュアルコミュニケーションによって解決すること”

もっともらしいけれど、本当にそうだろうか。

“ありきたりなものを、デザイナーの感性で、
カッコ良くする、かわいくする、オシャレにする”

 

どこか表面的な感じがするけれど、意外と真実かもしれない。

何が正しくて、何が間違っているのか、
自分の中で「デザイン」というものに対して、
未だ明確な答えは出ていないけれど、

仕事を依頼してくれたお客さまに誠実に対応し、
自分が持っている、ありったけの経験と知識と技術で応える。

そのことだけは、お約束します。

 


(株)ディーアンドアイ代表

中野 大介

株式会社ディーアンドアイ

2007年2月設立


事業内容:
グラフィックデザイン全般。
広告宣伝物およびその他印刷物の企画、デザイン 他。


所在地:
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-24-3 ユニテE 202
TEL:03-5791-2471 / FAX:03-5791-2472


代表:
中野 大介  Daisuke Nakano

1973年神奈川県鎌倉市出身。
神奈川県立湘南高校
多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。
デザイン制作会社2社を経て、2007年に(株)ディーアンドアイを設立。
広告、プロモーションツール、パンフレット、パッケージ、ロゴ、WEBなどの
アートディレクション及びグラフィックデザインを手がけています。

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員

 

​​横浜デジタルアーツ専門学校 総合デザイン科 非常勤講師

 

受賞歴:
読売広告賞協賛社賞
神奈川新聞カラー優秀広告賞
神奈川新聞優秀企画賞
環境報告書賞優良賞
全国カレンダー展印刷連合会会長賞
TOKYO TDC 入賞



掲載:
デザインノート(誠文堂新光社)

TOKYO TDC Vol.19(トランスアート)
ニホンゴロゴ2(PIE BOOKS)

日本のロゴ&マーク集 Vol.2(美術出版社)
パッケージデザイン総覧 Vol.29(クリエイト日報)

 

展示:

やさしいハンカチ展 (東京ミッドタウン他 全国各地)

グラフィックデザインEXPO 2017 (東京ビッグサイト)

D&I places great importance on “what to think for design". Once the vision and concept of a design is decided, its color and shape will come forth naturally. A good outcome is persuasive, and reached without forcing any aspects of design. We believe these kinds of designs can inspire many people. We consider clients’ goals and preferences as “challenges”, and strive to create effective designs that are aligned with them. We would like to propose exciting designs for both clients and designers.

About

Art director:
Daisuke Nakano
代表:中野 大介